チャリっこ紀行

チャリっこ紀行

どこかへいきます。

江ノ島ナイトウォーキング

結構前のことだが、江ノ島に観光に行った。

ただ、土日はすごく混雑している。江ノ島を見に来たのではなく、人を見に来た感じになってしまう。夜なら空いてるのではないだろうかと私は考えた。

 

正直東北から関東まで出るのも大変なのだが。

 

辻堂駅にて出発を待つ

f:id:plno:20180609013404j:plain
f:id:plno:20180609013500j:plain

夕方、辻堂駅に降り立った。江ノ島の最寄駅は、江ノ電江ノ島駅」or 小田急線「片瀬江ノ島駅」だが、今回は東海道線辻堂駅」から歩いて向かうことにした。気分的にそんな感じだった。私がアニメ「ピンポン」のキャラクターである「孔文革」が好きだからかもしれない。彼の所属する高校の名前が「辻堂高校」。

さて、辻堂駅前は栄えており大きなショッピングモールがある。湘南という感じがする。

翌日の午前3時ぐらいまで駅前のネカフェで仮眠をとることにした。

 

江ノ島に向かって歩き出す

f:id:plno:20180609014535j:plain

午前3時、昼間は賑わうであろう駅構内は誰もいない。不思議な感じがした。

 

辻堂駅南口をまっすぐ進み、まずは海沿いに出ようとする。

f:id:plno:20180609014810j:plain

そこそこ栄えた道を進む。歩いている人は私以外皆無。

不審者が出てくるのではないかとビクビクするが、私が不審者のようだ。

 

海沿いの国道に出る手前に「辻堂海浜公園」があり、いかにもやばそうな雰囲気だったため回り道をして国道134号にでる。

 

夜の国道は昼間に比べると交通量は少ないようだが、結構なトラックが通過していく。

歩道がしっかり整備してあるため安心してナイト散歩が楽しめた。

 

f:id:plno:20180609015239j:plain

江ノ島手前、湘南風なマクドナルドが佇んでいる。こんな時間でもやってるのか。

 

f:id:plno:20180609015409j:plain

竜宮城のような「片瀬江ノ島駅」。江ノ島へのアクセスはこの駅が一番近いはず。

 

f:id:plno:20180609015542j:plain

空が少し明るくなってきたようだ。潮の香りが漂ってくる。

 

f:id:plno:20180609020012j:plain

結局江ノ島へは渡らなかった。暗くて怖かった。

しかし、てっぺんにある灯台がいい感じである。

 

f:id:plno:20180609015732j:plain

明け方の散歩も悪くないものだ。まさにトワイライト。

 

f:id:plno:20180609020201j:plain

非日常。

 

f:id:plno:20180609020302j:plain
f:id:plno:20180609020252j:plain

江ノ電には、江ノ島駅館腰駅の間に路面区間がある。

朝早いため電車は来ない。

 

適当にぶらぶらしてそのあと江ノ電に乗って帰ることにした。

 

f:id:plno:20180609020606j:plain

これが初電だったかな。乗客は一車両に二人ぐらいしかいなかった。

素晴らしい車窓を独占できた。

こんな朝早くからサーフィンをやってる人がいて驚いた。

 

まとめ

夜の散歩は非日常感があってとてもいい。

辻堂駅から江ノ島までは結構遠い。

 7キロほど。

 

 

おわり。