チャリっこ紀行

チャリっこ紀行

どこかへいきます。

スマホ持たずに北海道行ったった1(新潟to秋田)

f:id:plno:20180625210131j:plain

2017年夏休み、「北海道・東日本パス」で1週間ほど北日本、北海道(函館・札幌)を観光してきた。日頃使っているスマホだが、今回はこれに頼らないこととする。

必要な情報は前日までに紙媒体に記録し、それを持っていく。

 

〜 主な日程 〜

→ 1日目: 新潟 〜 秋田

  2日目: 秋田 〜 (五能線経由) 〜 青森

  3日目: 青森 〜 竜飛崎 〜 青森 〜(青函フェリー)〜 函館

  4日目: 函館 〜 札幌

  5日目: 札幌 〜 函館 〜(青函フェリー)〜 青森

  6日目: 青森 〜 仙台

 

1日目(新潟〜秋田)

f:id:plno:20180625210239j:plain

愛用のiPhoneを家において、前日に新潟入り。写真は全部デジカメで撮った。

 

1日目は新潟駅から山形県にある「吹浦駅」を目指す。

吹浦駅」の近くには立派なキャンプ場があるためだ。

宿泊費を浮かせるためにテントを持ってきた。

 

新潟から山形県酒田へ向かう

新潟 8:52 == (白新線経由村上行き) == 村上 10:03

村上 10:27 == (羽越本線酒田行き) == 酒田 12:42

 

新潟から羽越本線で北上する。新潟からは最新型の電車に乗る。

新潟から村上までは田園地帯を走っていく。見慣れた景色だ。

 

村上に到着。いかにも古い気動車がお出迎え。

f:id:plno:20180625211632j:plain

f:id:plno:20180625212848j:plain

 

村上からが羽越本線のハイライト。

f:id:plno:20180625213017j:plain

ここから1時間ほど日本海に沿って進んでいく。

ここらへんを「笹川流れ」というらしい。

 

国鉄気動車のため窓が開けられた。すずしい。

 

f:id:plno:20180625213258j:plain

隣を走るのは国道345号線。こんな道を自転車で走れたら最高だと思う。

 

f:id:plno:20180625213456j:plain

沿線にはたくさん海水浴場があるようだ。

汽車に気づいて手を振ってくれる人もいて嬉しくなる。

 

新潟と山形の県境「鼠ヶ関」を越え、山形県に入る。

しばらく内陸を走ると、酒田に到着。

 

酒田駅にて3時間の乗り換え待ち

f:id:plno:20180625214355j:plain

ここまでの区間は最高だった。

 

f:id:plno:20180625214525j:plain

 初めての訪問の酒田駅酒田市山形県内人口第3位の都市。

ここから山形県唯一の離島「飛島」までの船が出ている。

行ってみたかったが、時間の都合上無理だった。

 

離島は無理でも海まで歩いてみる。適当に西の方へ歩く。

f:id:plno:20180625215552j:plain

街並みは整備されていて綺麗な感じだった。

「マリーン5清水屋」というデパートでお昼ご飯を買う。

デパート前の道では工事車両の展示をやっており、たくさんの子供連れがいた。

 

まっすぐ道を進むと「日和山公園」という公園があった。

f:id:plno:20180625220214j:plain

この公園は海に近く、海が少しだけ見えた。

ここで少しゆっくりして、昼ごはんのパンを食べて駅に戻った。

 

キャンプ場へ向かうも、、、

酒田 15:37 == (秋田行き) == 吹浦 15:56

 

酒田駅を後にし、吹浦駅を目指す。酒田から20分ほどで到着。

f:id:plno:20180625220708j:plain

「吹浦」と書いて、「ふくら」と読む。

何もなさそうな駅だが、すぐ近くにはキャンプ場、温泉がある。

 

f:id:plno:20180625220852j:plain

無人駅だった。

「西浜キャンプ場」はここから歩いて10分ほど。

 

f:id:plno:20180625221102j:plain

看板を目印に進む。

 

ガヤガヤ。キャンプ場はすごい混雑していた。実は予約をとっていない。

8月中旬、当日飛び込みでキャンプできるという考えは甘かった。

キャンプはなしになった。

 

泊まる場所を求め秋田駅

このような事態を予測して、事前に通過する地域のネカフェの地図を印刷しておいた。

調べておいてよかった。

 

吹浦 16:49 == (秋田行き) == 秋田 18:19

 

f:id:plno:20180625221853j:plain

秋田駅は立派だった。

駅前のビルにはネカフェが入っていたが、少し離れた場所にある「快活クラブ」に向かう。これが人生初のネカフェ利用だった。

 

f:id:plno:20180625222452j:plain

ネカフェに向かう途中で「マルダイ」というスーパーをみつけた。

このような地方チェーンのスーパーを発見するのは面白い。

 

 

 

まとめ

1日目は新潟から秋田までの移動となった。

日本海はやはり素晴らしかった。

 

〜 使った金額 〜

・ペットボトル × 3 : 450円

・おむすび × 1 : 135円

・パン × 3 : 400円

・ラムネ × 2 : 120円

・マルダイにて夕食 : 530円

・快活クラブ : 2000円

 計 : 3635円

 

移動距離 : 273km

ベストスポット: 笹川流れ 

 

おわり。