チャリっこ紀行

チャリっこ紀行

どこかへいきます。

スマホ持たずに北海道行ったった6(まとめ)

2017年夏、「北海道東日本パス」で北海道に行ってきた。

f:id:plno:20180717000124j:plain

※画像はJR北海道のリリースより

 

1日目:新潟から秋田まで羽越本線で北上。

2日目:秋田から五能線を経由し青森まで。

3日目:竜飛崎を観光。青森からフェリーで函館へ。

4日目:函館から小樽経由で札幌まで。

5日目:札幌から函館へ戻る。函館から青森へ。

 

6日目は、青森から東北本線でひたすら南下する。

 

青森港から青森駅まで

船で出会ったHさんはとても親切な人だった。

港から駅までのタクシー代を払っていただいたり、朝ごはんまでご馳走になってしまった。

ありがとうございました。

 

帰宅

青森から仙台まで東北本線で帰った。

一度盛岡で下車し、土産屋をみて回った。

写真は特になし。見どころも特になし。

帰宅。

 

まとめ

「北海道東日本パス」は、東日本のどこかから北海道に旅行するには大変お得な切符だった。(普通列車限定)

10,850円で7日間乗り放題。1日あたり1,550円。

 

0日目:仙台から新潟

特になし。

1日目:新潟から秋田

f:id:plno:20180625213258j:plain

村上から酒田までの区間が素晴らしかった。

日本海の車窓を思う存分堪能できた。

2日目:秋田から五能線経由で青森

f:id:plno:20180626223708j:plain

五能線羽越本線よりも日本海が見える区間が長かった。

不老ふ死温泉、深浦、とても綺麗な場所だった。

3日目:竜飛崎観光

f:id:plno:20180628223029j:plain

津軽線という超ローカル路線に乗った。

まさに最果てに向かうような雰囲気の路線だった。

竜飛崎は本当に風が強かった。

4日目:青森から函館、札幌へ

f:id:plno:20180629125531j:plain

青函フェリーは混雑とは程遠い状態で快適だった。

天気に恵まれず、夜中の函館で朝まで時間を潰すのは辛かった。

札幌は大都会。

5日目:札幌から函館に戻る

f:id:plno:20180703205748j:plain

新千歳空港には色々な施設があった。

室蘭本線の海沿いを走る区間がいい感じだった。

6日目:函館から青森、仙台

f:id:plno:20180703214221j:plain

帰りの青函フェリーは混雑しており椅子で寝た。

東北本線よりも羽越本線の方が景色がよく、楽しかった。

 

 

 

おわり。