チャリっこ紀行

チャリっこ紀行

どこかへいきます。

チャリで日本最北端へ (4)脚痛い、停滞(天塩)

f:id:plno:20180921234816j:plain

小樽から280km走り、

稚内まであと70kmの地点である天塩までやっときた。

稚内まであともう少し。

 

決断

朝起きると外がビュービューいっていた。

天気予報を見たところこれから雨が降るようだ。

昨日の左脚の痛みはまだ残っている。

これは出発したら地獄をみることになるはずだ。

 

予定に五日ほどの予備日を組み込んでおいたため、今回一日だけ消化しても問題はないだろう。

素晴らしいライダーハウスと温泉施設がある街、天塩にて一日だけ休養をとる。

 

街を散策

ライダーハウスでじっとしているわけにはいかない。

雨はまだ降っていないため街に出ることにした。

自転車の旅において街の散策がメインディッシュ。

 

人口三千人の小さな街、天塩。

羽幌よりは小さく、遠別と同等の規模の街というところ。

セイコーマートも遠別と同じ二軒ある。ちなみに羽幌は三軒。

 

f:id:plno:20180921234641j:plain

立派な煉瓦造りの天塩川歴史資料館

 

f:id:plno:20180921234816j:plain

テレビにもでたらしい、てしおChuChuプリン

アルファマート天塩にて購入。見た目が面白い。

 

見た目はマヨネーズだけど中身はプリン。

素材にもこだわっているらしく、一本300円ぐらいした。

高級プリン独特の卵の風味が口の中に広がって美味しかった。

 

f:id:plno:20180922000551j:plain

北海道の川の名前は変だ。

看板にはしっかりと由来が書いてあり、これがまた面白い。

 

温泉休養

てしお温泉夕映にて時間を潰す。

温泉で身体を癒し、休憩所で昼寝。

気づいたらもう夕方。快適すぎ。

 

快適なライダーハウス

二泊目となるライダーハウス

私の他に2名ほどいたのだが、みんなチャリダーだった。

目指すは同じところ、稚内

一緒に走ろうということになり、ワクワクしながら明日に備えて寝た。

 

明日は晴れるといいな。

 

 

 

 

稚内まであと70km。

つづく。