チャリっこ紀行

チャリっこ紀行

クロスバイクでいこう。

北海道ほぼ縦断(稚内〜苫小牧)5 北海道最終日

f:id:plno:20181219224704j:plain2018年8月、稚内から苫小牧を目指す。

北海道上陸8日目、岩見沢の近く三笠まできた。

苫小牧まではあと90km。

 

北海道にきて9日目、いよいよ帰りの船に乗る日がきた。

ツーリング最終日を楽しむ。

 

三笠を出発

f:id:plno:20181213023636j:plain

快適に眠ることができた。

軽く掃除をしてから、10時半に出発

雨降ってる〜。

 

道道30号線で栗山へ

f:id:plno:20181219224704j:plain

まずは道道30号苫小牧まで続く国道234号に合流する。

この道、道道にも関わらずトラックがすごく多かった。そして路肩も狭く走りにくかった。

 

f:id:plno:20181219230224j:plain

ちょうど国道234号に合流したところにマックスバリュがあり、そこで昼飯を購入。

セイコーマートガラナとまた違った安いガラナが売っており、つい買ってしまった。相変わらず美味しい。

北海道きてからガラナを飲みまくっている。

ガラナとは、ガラナの実を利用した炭酸飲料。コーラみたいなもの)

 

国道234号

f:id:plno:20181219230621j:plain

13時半、千歳市に入った。

そして相変わらず雨がひどい

雨降ってなかったら少し離れた新千歳空港に寄ろうと思っていたが、この状態では断念するしかなかった。

 

8日目よりひどい雨だった。

クロックスに裸足だと滑るため、靴下を履いている。

濡れた靴下が気持ち悪い。

 

追分安平と進んでいく。

自分が北海道を出た一週間後に安平町付近を震源とした大きな地震があった。ここらへん大丈夫だったのだろうか。

 

苫小牧東港

雨だと精神的に疲れる。

苫小牧の市街地で少しだけネカフェで休もうと思っていた。

 

しかしだ。

苫小牧まであと一歩というところで、フェリーターミナルの看板が市街地ではないほうを指しているではないか。

苫小牧東港って苫小牧じゃないのか。

 

f:id:plno:20181219232315j:plain

高速道路の脇にある道を通って、こっちであってるのかと不安になりながら15kmほど漕いだ。そしてやっとフェリーターミナルについた。

時計は16時を指していた。平均15km/hほどのまずまずのペースだったわけだ。

 

f:id:plno:20181219233338j:plain

前日三笠のイオンで買ったシベリア。

なかなかの甘さで疲れた身体を癒してくれた。

 

f:id:plno:20181219233131j:plain

帰りの船は予約してなかったが、余裕で乗ることができた。

混まないような時期でよかった。(8月後半)

 

フェリー

f:id:plno:20181219233718j:plain

やっぱりこの雰囲気好きだ。

 

f:id:plno:20181219233900j:plain

船に乗り込んだときに座席が指定された。

両脇に人がいて狭く、あまりに寝られる状態ではなかった。

ここで寝ないでラウンジの椅子で座りながら寝た。

 

グッバイ北海道

f:id:plno:20181219233244j:plain

19時半出航。

苫小牧港の光が綺麗だった。

北海道再訪したい。

 

f:id:plno:20181219234636j:plain

夜食。

 

翌日

f:id:plno:20181219234606j:plain

秋田港に寄港。大きな風車があった。

また新潟港に向けてぐるっと旋回。

 

f:id:plno:20181219234822j:plain

朱鷺メッセが見えてきて、いよいよ旅も終わりという感じ。

長いようで短かった北海道の9日間だった。

 

 

 

 

 

おわり。

年内に書き終わってよかった。