チャリっこ紀行

チャリっこ紀行

クロスバイクでいこう。

MENU

一ヶ月かけて自転車で北海道一周した 8日目(神恵内〜札幌)

f:id:plno:20191022171241j:plain

苫小牧を出発して8日目、神恵内かもえないから札幌までの150kmを走る。

ずっと行きたいと思っていた神威岬に寄る。

(クリックするとその記事へ飛びます。)

1日目: 苫小牧 ~ 伊達

2日目: 伊達 ~ 長万部

3日目: 長万部 ~ 函館

4日目: 函館 ~ 知内

5日目: 知内 ~ 江差

6日目: 江差 ~ 瀬棚

7日目: 瀬棚 ~ 神恵内

8日目: 神恵内 ~ 札幌 ←ここ

 

 

 

8日目: 神恵内 〜 札幌

f:id:plno:20191022172321j:plain

 

 

神恵内のキャンプ場を出発

f:id:plno:20191022172416j:plain

8:30  神恵内青少年旅行村を出発

昨日のどんよりとした空が嘘だったように晴れ渡っている。

道南では異常なほど天候に恵まれていた。

走行中、雨に降られるということはなかった。

 

f:id:plno:20191022172446j:plain

神恵内の街灯の上には竜のオブジェが置いてある。

結構な数ではないだろうか。

 

f:id:plno:20191022172510j:plain

岩のスケールが半端ない。

 

f:id:plno:20191022172532j:plain

9:45  積丹町入り

積丹ブルーで有名な積丹町に突入した。

 

f:id:plno:20191022172556j:plain

海が青い!

本当に青い!

 

 

見渡す限り海、神威岬

f:id:plno:20191022173817j:plain

10:15  神威岬入り口

いざ、神威岬へ。

 

f:id:plno:20191022174012j:plain

岬までは起伏の激しい道を歩かなければならない。

ところどころに下が透けた橋があってびっくり。

 

f:id:plno:20191022174255j:plain

道の両脇には海が広がる。

これが積丹ブルーか。

こんなに透き通った青い海を今まで見たことがない。

 

f:id:plno:20191022174355j:plain

15分ほどかかって岬に着いた。

見渡す限り海だ。

来てよかった〜!

 

360度パノラマを楽しんだ後は、また15分かけて駐車場まで戻った。

そしてレストハウスでお昼休憩をとった。

そこでかけそばを食べたのだが、観光地価格で高かった。

 

 

道道913号に入る

f:id:plno:20191022174604j:plain

野塚から道道913号に入った。

国道に比べて遠回りになるが、なるべく海の近くを走りたい。

積丹岬の看板が見えたが寄らなかった。

 

f:id:plno:20191022175420j:plain

結果としては、海は全然見えなかった。

ずっと森なんですけど(怒)

そして坂なんですけど(激怒)

 

f:id:plno:20191022175801j:plain

13:00  美国への下り坂

国道に合流して積丹町美国の街に向かって坂を下っていく。

海が見える下り坂はいいなぁ。

 

 

余市から小樽

f:id:plno:20191022180051j:plain

14:10  余市町入り

何本かトンネルを抜けてやってきたぞ、余市

ここまで来れば小樽はもうすぐ。

 

f:id:plno:20191022180226j:plain

〜 余市駅前 〜

余市は結構大きな街だった。

駅前にあったニッカウヰスキーの工場をスルーした。

札幌まで行かなければならないのに時間が押している。

 

f:id:plno:20191022180437j:plain

トンネル内の歩道に原付が放置されていて困った。 

通れなくて入り口まで戻る羽目になった。

やめてけれ。

 

f:id:plno:20191022180819j:plain

余市と小樽のあいだは登り坂ばかりだ。

特に塩谷の坂は長くて疲れた。

 

 

一年ぶりの小樽

f:id:plno:20191022181043j:plain

16:15  小樽駅

坂を下ると小樽の街に入った。

去年来たときと変わらない景色が私を迎えてくれる。

いや〜、懐かしい。

 

 

f:id:plno:20191022181552j:plain

〜 小樽都通り商店街 〜

やはりアーケード商店街はいいなぁ。

 

f:id:plno:20191022181758j:plain

〜 手宮線跡 〜

こういう線路の上は歩きたくなる。

 

f:id:plno:20191022181919j:plain

小樽運河、平日なのに混みすぎ!

昨年来たときは全然人いなかったのに。

小樽運河をゆったり楽しみたいならば早朝がいいのかな。

 

f:id:plno:20191022182146j:plain

新日本海フェリーの乗り場に向かった。

正直疲れたし新潟にもう帰ってしまおうか、と考えた。

道南自転車旅行で完結させていいんじゃないか

悪魔の囁きが聞こえた。

 

しかし、

できるときに一周しておいたほうが後悔しないだろう

という結論に達した。まさにそのとおり。

いつやるの、今でしょ!

 

 

小樽から札幌

f:id:plno:20191022182648j:plain

17:00  小樽出発

小樽からはまた登り坂だ。

坂の上からは新潟へ向かうさっきのフェリーが見えた。

私はもう少しやってみる。

ここで諦めたら試合終了ですわ。

 

 

ついに札幌キター

f:id:plno:20191022182821j:plain

18:00  札幌市入り

札幌に入ったが、札幌都市圏が広すぎて札幌駅になかなか着かない。

都市部は車、信号が多くて走りにくい。

 

f:id:plno:20191022183131j:plain

19:20  札幌駅到着(出発から10h50m)

札幌駅に予定より遅れて到着。

自転車旅では予定なんてあってないようなものだが。

大都市圏を抜ける際にはある程度時間を考慮した方がいいようだ。

 

f:id:plno:20191022183453j:plain

時計台やすすきのを軽く見て回った。

札幌は北海道の他の都市とのギャップがすごい。

田舎をずっと走ってきて札幌に来るとそれを感じることができる。

 

明日は雨予報のため駅前の快活クラブに泊まった。

ネカフェにはなるべく泊まりたくないが、仕方がない。

 

 

 

8日目のまとめ

f:id:plno:20191022172321j:plain

8日目は神恵内から札幌までの150kmを走った。

積丹半島の海はとても綺麗だった。

特に神威岬からみる海は絶景だ。

 

道南エリア脱出!

 

 

 

 

 

走行区間: 神恵内青少年旅行村 〜 札幌駅前の快活クラブ

走行距離: 149.11 km

総走行距離 854.03 km

苫小牧まで残り 1554.34 km

 

 

まだまだつづく。