チャリっこ紀行

チャリっこ紀行

クロスバイクでいこう。

MENU

一ヶ月かけて自転車で北海道一周した 9日目(札幌〜岩見沢)

f:id:plno:20191025193159j:plain

苫小牧を出発して9日目、札幌から岩見沢までの50kmを走る。

(クリックするとその記事へ飛びます。)

1日目: 苫小牧 ~ 伊達

2日目: 伊達 ~ 長万部

3日目: 長万部 ~ 函館

4日目: 函館 ~ 知内

5日目: 知内 ~ 江差

6日目: 江差 ~ 瀬棚

7日目: 瀬棚 ~ 神恵内

8日目: 神恵内 ~ 札幌

9日目: 札幌 ~ 岩見沢 ← ここ

 

 

9日目: 札幌 〜 岩見沢

f:id:plno:20191025194305j:plain

 

 

 

朝の札幌散策

f:id:plno:20191025194419j:plain

7:00  札幌駅北口

ネカフェで迎える朝は気分がよろしくない。

そして、今日の天気もよくない。

初めて札幌を訪れた時の感動は何とも言い難いものであったが、

天気のせいもあるのか空気がどんよりしている。

 

天気予報では午後から雨が降るという予報のため、

午前中のうちに辿り着ける岩見沢まで行くことにした。

しかしそのまえに、大通公園に行って気分転換することにした。

 

f:id:plno:20191025195537j:plain

北海道庁に行くとき、道路を横切っていくリスを目撃した。

こんなに栄えた場所にリスがいるなんて

北海道はすごい!

 

f:id:plno:20191025195818j:plain

朝の大通公園は夜と違って爽やかな感じが広がっていた。

通勤前のサラリーマンや学生がベンチに座ってそれぞれの朝を過ごしていた。

こんな場所で生活できたらいいなと思った。

 

f:id:plno:20191025200140j:plain

すすきのにも行ったが、昨日の夜の面影もなかった。

札幌はいい街だなぁ。

 

一通り散策が終わったところで札幌を後にする。

岩見沢までは国道をまっすぐ進めばいいだけだ。

 

 

江別

f:id:plno:20191025200618j:plain

国道275号から国道12号に入り江別に抜けた。

札幌の市街地は広くて抜けるのに苦労した。

岩見沢はもうすぐだ!

 

 

予報より早い雨

f:id:plno:20191025201145j:plain

10:00  豊幌

国道を走っていると駅を見つけた。

駅を見たらつい立ち寄りたくなってしまう。

しかし、ここで予報より早く雨が降ってきた。

結構な量の雨だ。

岩見沢まであと少しだというのになんというタイミングだ。

そこで、駅の中で雨宿りさせていただいた。

 

駅の待合室は綺麗に保たれていた。

豊幌駅は無人駅であるが、自治会の方が掃除をしているらしい。

時刻表を見ると一時間に二本程度の列車があるらしく、

ここの区間(札幌〜岩見沢)の需要はあるようだ。

駅待合室にもちらほらと乗客が見え始めてきた。

雨が弱くなってきたところで退散。

 

 

岩見沢、松乃湯(ライダーハウス日の出)

小雨の中を走り、岩見沢に着いた。

9月中旬の北海道は寒いし、雨に降られるともっと寒い。

身体をこれ以上冷やすわけにも行かないためさっさとライダーハウスへ向かった。

 

f:id:plno:20191025202048j:plain

14:00  松乃湯

今日の泊まるところ、松乃湯にやってきた。

ここは銭湯であるがライダーハウスもやっているらしい。

受付しようと建物に入ってびっくりした。

駄菓子が大量に置いてある!

ヤングドーナツやチョコビ、懐かしい。

 

受付を済ませ、ライダーハウスの建物に案内していただいた。

結構良い感じのところだった。

室内で寝ることができ、銭湯も入れて 1100円 という安さ!

それも銭湯は昭和チックでとてもよかった!

(黄色のケロリン桶が使われていた)

 

岩見沢に来ることがあったらまたここに泊まりたい。

 

 

 

9日目のまとめ

f:id:plno:20191025194305j:plain

9日目は札幌から岩見沢までの50kmを走った。

国道12号という大型国道を走るが、路肩広めで安心だった。

50kmがちょうど自分にとって楽に走れる距離だと感じた。

 

 

 

走行区間: 札幌のネカフェ 〜 松乃湯(ライダーハウス日の出)

走行距離: 50.65 km

総走行距離 904.68 km

苫小牧まで残り 1503.69 km

 

 

まだまだつづく。