チャリっこ紀行

チャリっこ紀行

クロスバイクでいこう。

一ヶ月かけて自転車で北海道一周した 17日目(網走〜ウトロ)

f:id:plno:20191214164414j:plain

苫小牧を出発して17日目、網走からウトロまでの90kmを走る。

ウトロは知床への入り口の街だ。

 

(クリックするとその記事へ飛びます。)

1日目: 苫小牧 ~ 伊達

2日目: 伊達 ~ 長万部

3日目: 長万部 ~ 函館

4日目: 函館 ~ 知内

5日目: 知内 ~ 江差

6日目: 江差 ~ 瀬棚

7日目: 瀬棚 ~ 神恵内

8日目: 神恵内 ~ 札幌

9日目: 札幌 ~ 岩見沢

10日目: 岩見沢 ~ 留萌

11日目: 留萌 ~ 天塩

12日目: 天塩 ~ 稚内

13日目: 稚内 ~ 枝幸

14日目: 枝幸 ~ 興部

15日目: 興部 ~ 計呂地

16日目: 計呂地 ~ 網走

17日目: 網走 ~ ウトロ ← ここ

 

 


17日目: 網走 〜 ウトロ

f:id:plno:20191214170242j:plain

 

 

 

網走を出発

f:id:plno:20191214170328j:plain

9:00  呼人浦キャンプ場を出発

夜中は大雨だった。

すごい風が吹き続けていて、湖が音を立てていた。

そんな中で寝られるわけもなく寝不足で朝を迎えた。

テントを出ると夜中の大雨が嘘のように青空が広がっている。

 

テントを乾かしているあいだ、

隣のテントのライダーさんにコーヒーをご馳走になった。

その優しさが込められた一杯のコーヒーは、

今まで飲んだどのコーヒーよりも美味しかった。

 

f:id:plno:20191214171357j:plain

網走市街地を出ると、向かう先に知床連山が見えた。

あそこには野生動物がたくさんいる。

一番恐ろしいのがヒグマだ。

気を引き締めていこう。

 

 

釧網本線 木造駅舎とカフェ

網走から斜里までは釧網本線が国道に並行して走っている。

この釧網本線の駅舎がまた味わい深くていいのだ。

 

藻琴駅

f:id:plno:20191214171733j:plain

11:00  藻琴駅

国道の傍にポツンと木造駅舎がある。

いかにも昭和映画に出てきそうな駅舎だ。

なんと、大正時代に建てられた駅舎らしい。

茶店も隣接していて味わい深い駅だ。

 

北浜駅

f:id:plno:20191214172352j:plain

11:15 北浜駅 

藻琴駅から知床方面に一つ進んだ駅、北浜駅に来た。

この駅は冬にオホーツク海の流氷を見られることで有名な駅だ。

こちらも駅舎が木造で、中は凄いことになっている。

 

f:id:plno:20191214172549j:plain

中に入ってみると、

壁に名刺がたくさん!

こんなに多くの旅人がここに来たのかと驚いた。

 

北浜駅 喫茶『停車場』

f:id:plno:20191214172934j:plain

せっかくなので、『喫茶 停車場』で昼食をとった。

なかに入ると、木のお洒落な雰囲気に圧倒された。

ここで私はホタテカレーとコーヒーを頼んだ。

ホタテの形の器に盛られたカレーは、とても美味しかった。

オホーツク海側に来たらやっぱりホタテでしょ!

 

f:id:plno:20191214173449j:plain

レストランの窓からはホームと海が見える。

これほどお洒落な喫茶店を私は知らない。

 

f:id:plno:20191214173558j:plain

食事で満足した私は、駅隣接の展望台に登った。

目の前に見えるオホーツク海はとても美しかった。

冬に来たら、きっと流氷が綺麗なんだろう。

 

 

自然あふれる道

f:id:plno:20191214173924j:plain

12:00  小清水町入り

草原の中の道を走り、小清水町に入った。

 

f:id:plno:20191214174145j:plain

小清水原生花園がすぐ傍にある。

遠くには斜里岳が見えた。

これほど美しい道だとは想像していなかった。

 

f:id:plno:20191214174401j:plain

臨時駅の原生花園を発見した。

小さなログハウス風の駅舎が可愛らしい。

5~10月のあいだはここに汽車が停まるらしい。

 

 

斜里からウトロ

f:id:plno:20191214174745j:plain

13:00  斜里町入り

フクロウのカントリーサイン斜里町に入った。

ここでポツポツと雨が降り始める。

 

f:id:plno:20191214175002j:plain

斜里市街を通り過ぎると道が狭くなる。

路面がガタガタで路肩も狭い。

交通量も多いため、運転する手に力が入った。

どうやら、晴れてきたようだ。

 

f:id:plno:20191214175254j:plain

虹だ〜!

 

f:id:plno:20191214175340j:plain

歩道が出てきたので、そちらをゆっくり進む。

本当にこの先に街があるのか、

と思ってしまうくらいの自然の中を走る。

 

f:id:plno:20191214175606j:plain

道中には釣り場があり、鮭を狙っているであろう釣り人がたくさんいた。

鮭の遡上を見られる川もあったらしいが見逃してしまった。

オシンコシンの滝も遠くから一目見ただけ。

それにしてもこの道は観光客が多い。

 

 

ウトロ

f:id:plno:20191214180137j:plain

15:30  ウトロ到着

ウトロに着いた。

こんな奥に街があるなんてよく考えたら凄いと思う。

そして、ウトロにはセイコーマートが二軒もある。

さすが知床観光の拠点になっているだけある。

 

f:id:plno:20191214180351j:plain

明日の朝は雨らしいので民宿に泊まることにした。

道の駅で最安値の民宿を訊いて、『知床荘』を紹介してもらった。

素泊まり3800円、知床の宿の中では良心的な価格だ。

外見は少し古い感じがしたが、客室は綺麗でよかった。

 

建物の中で安心して寝られるのはやはり嬉しい。

(一緒に泊まったKさん、ありがとうございました!) 

 

 

17日目のまとめ

f:id:plno:20191214170242j:plain

17日目は網走からウトロまでの90kmを走った。

道中にあった釧網本線木造駅舎がすごくよかった。

全体的にこの区間は景色がよくサイコーだった。

 

 

走行区間: 呼人浦キャンプ場 〜 民宿 知床荘

走行距離: 87.08 km

総走行距離: 1703.73 km

苫小牧まで残り 704.64 km

 

まだつづく。