チャリっこ紀行

チャリっこ紀行

クロスバイクでいこう。

Yahoo知恵袋先生

我が家にきた一台のパソコン

私が小6のときに、我が家に一台のパソコンがやってきた。

白いボディでVistaを搭載したノートPCだ。これが来るまでは近くの公民館にあったパソコンでしかインターネットに触れたことがなかった。これからはネット使い放題だ!ということでとても興奮した。(色々な意味で)

それからは良くも悪くもネットにのめり込んでいった。当時、YouTubeはメジャーではなかったので何で暇を潰していたかというと、Yahoo知恵袋だ。

 

 

Yahoo知恵袋って 知ってる?

Yahoo知恵袋は皆さんご存知だろう。質問を投稿し、それをネット上の見知らぬ誰かに回答をしてもらうサービスだ。ありとあらゆる悩みや相談、テストの解答までをカバーしている万能サイト。まさにインターネットの集合知といえる。フーゴミ袋なんていう蔑称もあるが、昔は良質な質問と回答がわんさか載っていた。確かに、近年その回答の質が低下していることは否めない。(「はい」という一言しか回答しないクソ回答者が蔓延っている)

とにかく昔はよかった、よかったのだ!

 

 

Yahoo知恵袋が役に立った中学時代

なんだかんだで小学校を卒業し、近くの中学校に進学した。中学生になりやっと勉強を意識し始めた。何のため?大学進学?しかし、当時は大学に進学することなんて考えてもいなかった。そもそも大学がどのようなところなのか知らなかった。

 

中一で英語につまづいた。be動詞と一般動詞の違いが分からなかったのだ。当時の私はベリーシャイだったため、先生に聞くことができなかった。塾にも行ってなかった。そこで頼ったのが、全知全能Yahoo知恵袋だ。

既に似たような質問が投稿されており、私が求めていた回答がそこにはあった。画面の向こうにはすごく頭の良い人がいるんだ!と感動した。とにかく、すごく分かりやすい回答で目から鱗だった。それからというものの、分からないことがあるたびに知恵袋に頼った。本当、ググレカスですわ。(今はググったらカス)

あ、当時はグーグル有名ではなかったし、ヤホレカスか。

 

 

Yahoo知恵袋で変わった人生

Yahoo知恵袋のおかげで成績も徐々に上がり、大学進学を視野に入れることになった。そして結局は大学に進学することになった。これがなければ、私は大学に行っていなかったであろう。

 

全てはYahoo知恵袋さまのおかげ!

さぁ、崇め奉れ!

(昔のインターネットはよかったなぁ)

 

 

chiebukuro.yahoo.co.jp