チャリっこ紀行

チャリっこ紀行

どこかへいきます。

スマホ持たずに北海道行ったった2-1(不老ふ死温泉、青森)

f:id:plno:20180626212701j:plain

2017年夏、「北海道・東日本パス」で北海道を目指し北上。

1日目は新潟を出発し秋田まで来た。

2日目は、秋田から東能代五能線に乗り換え、ぐるっと回って青森に向かう。

 

〜 主な日程 〜

  1日目: 新潟 〜 秋田

→ 2日目: 秋田 〜 (五能線経由) 〜 青森

  3日目: 青森 〜 竜飛崎 〜 青森 〜(青函フェリー)〜 函館

  4日目: 函館 〜 札幌

  5日目: 札幌 〜 函館 〜(青函フェリー)〜 青森

  6日目: 青森 〜 仙台

 

2日目 (秋田〜東能代〜深浦〜青森)

 

朝5時、秋田駅から2kmほど離れた快活クラブを出る。

夜遅くまで漫画「聲の形」を読んでいたため寝不足気味。

 

f:id:plno:20180626215609j:plain

朝早い秋田駅。誰もいない。

 

f:id:plno:20180626215755j:plain

西口のベンチに座り朝ごはんのパンを食べていたら、猫がきた。

野良猫とは思えないような綺麗な猫だった。

 

秋田駅を出発し、東能代で乗り換える

秋田 6:15 == (奥羽本線普通大館行き) == 東能代 7:12

f:id:plno:20180626220135j:plain

ここまで乗ってきた羽越本線は秋田が終点。

ここからは奥羽本線に入る。

東能代まで1時間。東能代五能線に乗り換え。

 

五能線日本海ビューを楽しむ

東能代 7:23 == (普通弘前行き) == 艫作 9:02

 

f:id:plno:20180626221232j:plain

国鉄型の古い気動車に乗る。

また窓を開けることができる。

 

乗ってみたいローカル線ランキング上位の「五能線」。私も一度は乗ってみたいと思っていた。この度願いを叶えることができた。

 

f:id:plno:20180626221514j:plain

美しい日本海の車窓が広がる。遠くには海、海、海。

 

f:id:plno:20180626222042j:plain

ところどころに大きな岩がある。日本海の荒波に削られたものなのか。

 

f:id:plno:20180626222342j:plain

砂浜もある。ゴミだらけ。

 

1時間ほど景色を楽しみ、「不老ふ死温泉」の最寄駅「艫作駅」に到着。

 

f:id:plno:20180626222437j:plain

難読駅名の一つであろう「艫作駅」。歩いて「不老不死温泉」に行くのならばこの駅が近い。しかし、隣の「ウェスパ椿山駅」から無料送迎バスが出ているらしい。

 

f:id:plno:20180626223359j:plain

無人駅。駅舎の上に船のオブジェ。

綺麗に保たれた面白い駅だった。

 

f:id:plno:20180626223538j:plain

遠くに海が見える。

 

f:id:plno:20180626223708j:plain

この長い長い下り坂を、自転車で下ったら気持ちいいだろうなぁ。

 

f:id:plno:20180626224156j:plain

坂を下ったところに不老ふ死温泉がある。

 

f:id:plno:20180626223927j:plain

こんなロケーション。

 

海が目の前、黄金崎不老ふ死温泉

日帰り入浴は600円。

それに加え、文字入りの温泉ミニタオル150円を購入した。

海辺の露天風呂に入ることが目的だったが、建物内の風呂だけで満足してしまったため入らなかった。

建物内の温泉ではガラス張りだが日本海を楽しむことができた。

 

五能線の大きな駅「深浦駅」へ

今まで入った中で最高の温泉だった。

満足感を得て、艫作駅へ戻る。

 

艫作 12:33 == (普通深浦行き) == 深浦 12:44

 

f:id:plno:20180626225505j:plain

車内はガラガラ。

この雰囲気がとてもいい。

 

f:id:plno:20180626225603j:plain

五能線には珍しい有人駅の一つ「深浦駅」に到着。

 

 

 

 

 

つづく。