チャリっこ紀行

チャリっこ紀行

クロスバイクでいこう。

MENU

一ヶ月かけて自転車で北海道一周した 10日目(岩見沢〜留萌)

f:id:plno:20191026144341j:plain

苫小牧を出発して10日目、岩見沢から留萌までの120kmを走る。

国道12号で滝川へ抜けてそこから国道275号に入る。

そして北竜から国道233号で美馬牛峠を通り留萌へ。

 

昨年は海沿いを通り小樽から留萌へ抜けたが、

今年は違うルートでの留萌入りだ。

 

(クリックするとその記事へ飛びます。)

1日目: 苫小牧 ~ 伊達

2日目: 伊達 ~ 長万部

3日目: 長万部 ~ 函館

4日目: 函館 ~ 知内

5日目: 知内 ~ 江差

6日目: 江差 ~ 瀬棚

7日目: 瀬棚 ~ 神恵内

8日目: 神恵内 ~ 札幌

9日目: 札幌 ~ 岩見沢

10日目: 岩見沢 ~ 留萌 ← ここ

 

 

 

10日目: 岩見沢 〜 留萌

f:id:plno:20191026151014j:plain

 

 

岩見沢を出発

f:id:plno:20191026151057j:plain

8:00  ライダーハウスを出発

ライダーハウス日の出はいいところだった。

それも一緒だったライダーさんがいい人だったからだろう。

また岩見沢に来る機会があったら、ここに泊まりたい。

 

f:id:plno:20191026151129j:plain

8:50  美唄市入り

昨日の雨模様とは打って変わって青空が広がっている。

去年ここを走ったときは雨だったなぁ、

と思い出した。

 

 

日本一の直線道路

f:id:plno:20191026151710j:plain

9:00  日本一の直線道路 入り口

美唄からは道路がまっすぐになる。

美唄から滝川までの29.2km、ずっと直線だ。

 

f:id:plno:20191026152006j:plain

ザ・北海道 という感じの道だ。

中央分離帯の標識がズラッと並んでいて、

こんな光景は本州では見られないだろう。

 

f:id:plno:20191026152215j:plain

10:00  砂川市入り

交通量は多めだけれども、路肩が広いので走りやすい。

 

 

直線道路終わり 滝川

f:id:plno:20191026152332j:plain

11:00  滝川市入り

滝川は濁らず、"たきかわ"と読むらしい。

滝川からは国道12号を離れ、田園地帯を走る国道275号へチェンジする。

札幌からここまで国道275号を真っ直ぐというルートもあるが、

私は日本一の直線道路を走りたかったため国道12号を選んだ。

 

f:id:plno:20191026152910j:plain

滝川駅

大きな街に来たら駅に寄ることを忘れない。

駅はその土地の顔だからだ。

 

駅前には飛行機のモニュメントがあった。

飛行機、何故?

滝川市にはたきかわスカイパークがあるからだ。

 

f:id:plno:20191026153426j:plain

駅の改札口の雰囲気がいい感じだった。

 

 

ボリューム満点 喫茶マリン

お腹が空いた、ちょうどお昼だ。

去年出会ったチャリダーさんに教えてもらって

ずっと行きたかった喫茶マリンへ。 

どうやらボリュームがハンパないらしい。

 

f:id:plno:20191026153635j:plain

店内はいかにも喫茶店というようなレトロな感じだ。

私はカウンターに座り、普通盛りのミートスパゲティを頼んだ。

写真では伝わらないが、

とにかく大きかった、ほんとうに。

食べ終わるのに時間がかかってしまって、

最後の方はスパゲティが固まってしまった。

でも美味しかったので大変満足。

 

食べ過ぎで吐きそうになりながらも、留萌を目指す。

 

 

ひまわりの里 北竜

f:id:plno:20191026154434j:plain

14:10  北竜町入り

雨竜町を通り過ぎ、北竜町に入った。

北竜はひまわりが有名であるが、9月では咲いているはずもない。

 

f:id:plno:20191026154615j:plain

〜 道の駅 サンフラワー北竜 〜

道の駅はとても立派で温泉とホテルが併設されていた。

もうこの辺で止まりたくなるが、

あとひと踏ん張りしなければならない。

 

f:id:plno:20191026154934j:plain

道の駅を出発してすぐ、前方から真っ黒な雲がこちらに向かってきた。

案の定、雨が降り出した。

通り雨っぽいのが救いだ。

 

 

美馬牛峠を通り留萌へ

f:id:plno:20191026155131j:plain

15:40  美馬牛峠

え、もう坂は終わり?

ちょいと坂を上ったら留萌市に入った。

美馬牛峠は警戒するほどキツい峠ではなかった。

 

f:id:plno:20191026155800j:plain

峠を境に雨も止んだ。

 

 

留萌本線の駅たち

国道に沿って留萌本線の駅があるため、

それらに寄らないという選択肢は私にはなかった。

留萌本線が廃止されるという噂もあるからなおさらだ。

 

f:id:plno:20191026155735j:plain

美馬牛峠から下ってまず始めに現れたのが、峠下駅

駅の待合室はこざっぱりとしていて、

いかにも無人駅という感じだった。

だが、駅舎がいい味を出している。

 

f:id:plno:20191026155836j:plain

車掌車を使った駅舎、幌糠駅

駅は集落の中にあり、少ないながらも利用者はいそうだった。

北海道には車掌車を使った駅が多いなぁ。

 

f:id:plno:20191026155900j:plain

民家のようなかたちをしている、藤山駅

地元の方が清掃しているのか、待合室にはゴミひとつない。

ノスタルジックな駅だった。

 

大和田駅は何故か発見できず通り過ぎてしまった。

悲しい。

 

 

留萌に着いた

17:30  黄金岬キャンプ場到着(出発から9h30m)

留萌本線の駅を巡っているうちに留萌に着いた。

今回も去年利用した黄金岬キャンプ場にテントを張る。

ここは無料キャンプサイトから海が見える。

そして雰囲気がよく、いいところだ。

 

テントを張って、セコマに買い出しに行った。

それをテントの中で食べ、

明日のオロロンラインに備えて早く寝た。

 

 

 

10日目のまとめ

f:id:plno:20191026151014j:plain

10日目は岩見沢か留萌までの120kmを走った。

美唄から滝川までは日本一の直線道路があり、

青空の下をかっ飛ばすのは楽しかった。

 

 

 

 

走行区間: 松乃湯(ライダーハウス)〜 黄金岬キャンプ場

走行距離: 118.39 km 

総走行距離 1023.07 km

苫小牧まで残り 1385.3 km

 

 

まだまだつづく。